コラム

てつなぎ広場

人の気持ちがわかる「共感力」の高め方1

「早くして!」「勉強しなさい!」「片づけなさい!」はもう言わない!自分で考えて動ける子の育て方#01

更新日:

須合 啓
学習習慣形成プロデューサー(学習塾STUDY HOUSE代表)

共感数4

人の気持ちがわかる「共感力」の高め方#01

人の気持ちがわかる「共感力」の高め方

言葉が「オウム返し」にしよう

私は子どもたちと話をする際、意識的に相手の言葉の「オウム返し」をしています。

【子】「学校でイヤなことがあって」

【私】「ああ、イヤなことがあったんだね」

【子】「テストで満点がとれてうれしかった」

【私】「そう、うれしかったんだね」

このように相手の言葉をシンプルにくり返す「オウム返し」は、相手に「話を聞いてもらえている」という実感を与えやすく、相手との信頼関係を築くのにとても役立ちます。

また、相手の話を不用意にさえぎることを防ぐ効果もあります。

ここが

大事

慣れてきたら添えてあげたい言葉

このオウム返しも、ロボットのように子どもの言葉を機械的にくり返すだけだと逆効果になります。

音楽を聴くときのように、言葉の意味だけでなく、言葉のトーンや調べ、リズムなども味わって、デュエットするように返していくとより効果的でしょう。

慣れてきたら、

「テストで満点がとれてうれしかった」

「そう、うれしかったんだね、天にも昇るような気持ちだった?」

こんなふうに、より高度な表現、言い換え表現を添えてあげるようにすると、子どもの表現力がどんどん豊かになっていくのでおすすめです。

「自分で考えて動ける子の育て方 「早くして!」「勉強しなさい!」「片づけなさい!」はもう言わない」

著者名
須合 啓
出版社
 明日香出版社

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

NEXTページ 「こうし...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. NEXT

コラムの内容に共感したら
共感ボタンを押してね!

コラムの内容に共感したら共感ボタンを押してね!

コラムに関連しているてつなぎ広場

コラム TOP 下部

ポイント

ログインありがとうございます。

0ポイント獲得