コラム

てつなぎ広場

英才教育なしで、超優秀な子どもを育てる「ナイストライ!」

英語が話せないのに 15歳でアメリカ留学 全米優秀生徒賞!2年連続受賞!UCLA特待生に! 家庭でできる最高の子育て#03

更新日:

高松 ますみ
株式会社スパークリングキッズ代表取締役。

共感数12

「ナイストライ!」子どものポテンシャルを伸ばす

「失敗しても大丈夫」は 言ってはいけない!

そもそも「チャレンジ慣れ」していない子どもが新しいことにチャレンジするには、高いハードルがあります。

「怖くないよ。大丈夫よ」

「失敗してもいいからやってごらん」

「下手でもいいからやってみなよ」

「○○ちゃんならできるよ」

あなたは、お子さんにこんなことを言っていないでしょうか?

「失敗を恐れず、チャレンジしてほしい」という親の思いが透けて見える言葉ですが、実はこれ、子どもの挑戦意欲を削いでしまうNGワードです。

言葉のなかに「怖い」「失敗」「下手」といったネガティブワードが入っているせいで、子どもが悪い妄想を掻き立てて動きづらくなることがあるのです。

また、「○○ちゃんならできるよ」という声かけもやめたほうがいいでしょう。

「できる」という結果重視の言葉を使うことで、失敗が許されないという意識が芽生え、「もしできなかったらどうしよう」と不安な気持ちになってしまうからです。

ネガティブな言葉を避けるべきなのは、習い事など大きな挑戦のときだけではありません。日々のちょっとした挑戦についても同じです。

たとえば、1人でコップに牛乳を注ごうとして、全部こぼしてしまったときも、「何やってんのよ! しっかり持たないからよ!」とガミガミ責めたり、

「あぁ〜、もう!」 など、感情をそのまま大きな声に出したり、

「失敗しちゃったね」

「もったいなかったね」

「服が汚れちゃったね」

など、ネガティブな言葉を発してしまうと、再チャレンジするのを嫌がるようになります。

「高卒シングルマザーがわが子をUCLA特待生に育てた45の方法」

著者名
高松 ますみ
出版社
 かんき出版

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

NEXTページ ★ネガティブワードよりも「ナイストライ!...

  1. 1
  2. 2
  3. NEXT

コラムの内容に共感したら
共感ボタンを押してね!

コラムの内容に共感したら共感ボタンを押してね!

共感

コラムに関連しているてつなぎ広場

コラム TOP 下部

ポイント

ログインありがとうございます。

0ポイント獲得