コラム

てつなぎ広場

英才教育なしで、超優秀な子どもを育てる「チャレンジ慣れ」

英語が話せないのに 15歳でアメリカ留学 全米優秀生徒賞!2年連続受賞!UCLA特待生に! 家庭でできる最高の子育て#01

更新日:

高松 ますみ
株式会社スパークリングキッズ代表取締役。

共感数9

「チャレンジ慣れ」子どものポテンシャルを伸ばす

子どもを「チャレンジ慣れ」させるアメリカ式教育システム

私はよく

「アメリカ人の子どもは、 日本人の子どもに比べ、チャレンジすることに慣れているな」

と思っていました。

はじめのうちは、それはアメリカ人の気質なのかと考えていたのですが、時間が経つにつれ、それは誤解で、日米の教育システムに違いがあることに気づきました。

★サマーキャンプでさまざまなことにチャレンジできる

たとえば、海外でよく行われている、子ども向けの「サマーキャンプシステム」をご存知でしょうか。

キャンプ場にテントを張って寝る、あの「キャンプ」ではなく、プログラムの内容は多岐にわたり、理科の実験、プログラミング、スケボー、ダンス、クライミング、乗馬、料理、陶芸、絵画、楽器など

・・・・・・それこそ星の数ほどの 種類の講座があります。

大体が日帰りで、数時間のワンデイの講座が多いのですが、なかには1週間の長期プログラムなどもあります

(自宅から通える範囲で開催されるものに申し込むのが一般的です)。

毎年人気の講座はすぐに埋まってしまうので、春先から申込日をチェックして、カレンダーに記入するほどです。

また、アメリカでは学校のクラブ活動も日本のそれと仕組みが違います。

学期ごとに全員がクラブ活動を変えるのです。

数カ月で変更できるので、「どのクラブにしようか」と深く悩む必要もありませんし、たくさんのことを経験できます。

そのなかで、気に入ったものがあれば、放課後の習い事へと発展させればいいわけです。

友人の息子さんは、学校の音楽クラブで習ったドラムを気に入り、親に巧みにプレゼンして、クリスマスにドラムセットを買ってもらい、それから何年もドラムのレッスンを受けていました。

「高卒シングルマザーがわが子をUCLA特待生に育てた45の方法」

著者名
高松 ますみ
出版社
 かんき出版

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

NEXTページ ★習い事はコロコロ変えていい 日本では、...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. NEXT

コラムの内容に共感したら
共感ボタンを押してね!

コラムの内容に共感したら共感ボタンを押してね!

コラムに関連しているてつなぎ広場

コラム TOP 下部

ポイント

ログインありがとうございます。

0ポイント獲得