コラム

てつなぎ広場

後悔しない中学受験 - 合格する親子の習慣 -

中学受験の第一線で30年以上指導の講師が、中学受験で悩み、迷っている人の手助けとなるヒントを紹介します。

更新日:

渋田 隆之
国語専門塾の中学受験PREX代表、教育コンサルタント・学習アドバイザー。

共感数7

プロ講師が教える!合格する親子の習慣

読書はじわじわ効いてくる

「本を読んでも国語の成績は上がらない」という話を聞くことがあります。

私は、読書には急激に読解力を上げるための即効性はないかもしれませんが、漢方薬のようにじわじわと効いてくるものだと思います。

本で読んだ内容と似たようなテーマの文章が出たとき、当然ながら有利になります。

さらに、本の内容に刺激を受けて、将来の夢が広がって受験に前向きになった子もいます。

読書の暇があれば目先の模試対策にあてたいと思う気持ちもわかりますが、本は子どもたちの視野を広げる大切な道具ですので、無駄だと切り捨てるのは、少し待ってください。

朝読書を行う私立中学は多くあります。

先生たちからは、国語以外の教科にも読書効果が出ているという話も聞いています。

英米大学の研究でも、次の4つの読書の効果が明らかになっています。

①集中力がつく

本の世界にのめり込む生徒は、集中力が高い傾向にあります。

②共感力が育つ

読書を通じて異文化への理解が深まり、共感する能力が育ちます。

英語がしゃべれても共感力がないと、コミュニケーションは成り立ちません。 

国語講師という立場からも、母国語を軽視すると、あるレベルから先が行き詰まる可能性があると思っています。

③脳内が活性化する

文章から得られる情報からイメージするとき、記憶や経験をたぐり寄せるために我々は脳のさまざまな領域を起動し、新たな神経経路を構築しています。

この働きは、テレビやゲームをプレイしているときには起こらないそうです。

④ストレスが軽減する

サセックス大の調査では、6分間の読書によって下がるストレスレベルは、音楽を聴いたり散歩に出かけたりして発散する際の4%以上も効果的であることがわかっています。

読書には時期がある。

 本とジャストミートするためには、時を待たねばならないことがしばしばある。

しかしそれ以前の若い時の記憶に引っかかりめいたものをきざむだけの、三振あるいはファウルを打つような読み方にもムダということはないものなのだ。

これは、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏の言葉です。

過去に、難関中学に合格した教え子が、5年生のときに『ソフィーの世界』を読み「よくわからないことがわかったよ、先生!」と言ったことを思い出します。

子どもが1ヶ月に読む本の数は、両親が読む本の数とほぼ同じだというデータもあります。

まずは、保護者が読書を楽しむ姿を見せ、本に触れる機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

「2万人の受験生親子を合格に導いたプロ講師の 後悔しない中学受験100」

著者名
渋田 隆之
出版社
 かんき出版

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

NEXTページ お手伝いで時間管理能力と決断力を伸ばす ...

  1. 1
  2. 2
  3. NEXT

コラムの内容に共感したら
共感ボタンを押してね!

コラムの内容に共感したら共感ボタンを押してね!

コラムに関連しているてつなぎ広場

コラム TOP 下部

ポイント

ログインありがとうございます。

0ポイント獲得